熊本のギフトなら桑原雷声堂。創業120年の信頼と実績。カタログギフト、ノベルティー(名入れカレンダー、名入れうちわ)

桑原雷声堂 > 冠婚葬祭マナーガイド > 出産内祝い > 出産内祝いを贈る「時期」について

出産内祝いを贈る「時期」について

ツꀀ

生後一ヵ月を目安に「出産内祝い」を贈ります窶ィ

ツꀀ赤ちゃん誕生後、一週間ほどしたら、実家や親戚、友人、職場から出産のお祝いが届き始めると思います。出産祝いをいただいた場合は、そのお礼として「出産内祝い」の品物をお返しするならわしです。
ツꀀ
出産内祝いは、本来は赤ちゃん誕生を知らせたい人全員に配るのが一般的でした。しかし、お祝いに気を遣わせるということにもつながることから、現在は出産祝いをいただいた方だけに、お返しとして出産内祝いを贈るようになりました。ツꀀ
ツꀀ
地域によって異なりますが、ちょうどお宮参りの日の前後と覚えておけばいいでしょう。お宮参りの時期を過ぎてから贈る場合でも、いただいてから一ヵ月以内を目安にお返ししましょう。
赤ちゃん誕生をあとで知った方などから、生後1ヵ月以上たってから出産祝いをいただいた場合は、その都度、個別に出産内祝いを贈ります。
ツꀀ
※地域の慣習などにより異なる場合もあります。迷ったときは、ご両親・身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。


▲pagetop